オンスタイルだけで終わらせない。ブラウスの洗練カジュアルな着こなし方。

ビジネスやセレモニーシーンなど、きちんと見せたいオンスタイルには欠かせないブラウス。特にこれからの季節は手に取ることが増えるアイテムですが、「きれいめスタイルだけじゃもったいない」と感じたことはありませんか。

きれいめのブラウスをオフの日にも取り入れていただきたく、今回はソージュのブラウスを使ったカジュアルスタイルをご紹介いたします。ただラフにするだけではなく、ブラウスの上品さを活かしながらもデイリーに取り入れやすい洗練カジュアルです。リモートワークの日の着こなしにもおすすめですよ。

*****

ブラウス+デニムは色数を絞ってシックに

カジュアルダウンの頼れる味方といえばデニムですが、合わせる時は色数を絞るとシックで上品にまとまります。

ネイビーとブラックでまとめた、カジュアルで落ち着きのあるスタイリングです。シンプルなシルクのブラウスは合わせるアイテムで印象を変えてくれる万能アイテム。デニムと合わせてサラリと装うと、上品さと華やかさもある大人のデニムスタイルが作れます。足元はローファーでカチッと仕上げて。ブラウス:シルクストレッチボウタイブラウス(NAVY)、その他:スタイリスト私物 

ネイビー×ホワイトでまとめたクリーンで品のあるカジュアルスタイルです。
カジュアルなデニムパンツも、シルクボウタイブラウスにニットジャケットを合わせるとカジュアル過ぎない大人なムードにまとまります。ジャケット:テーラードニットジャケット(NAVY)、ブラウス:シルクストレッチボウタイブラウス(WHITE)、その他:スタイリスト私物

ボタンの開け方とセンタープレスがポイント。自然体で軽やかなカジュアルスタイル。

カチッとした印象のブラウスは、襟元を開けインナーにリブニットを合わせた重ね着で程よい抜け感を。ボトムスはセンタープレスの効いたベイカーパンツでキレイめな印象のカジュアルスタイルにまとめています。足元もスニーカーにすると軽やかなムードに。ブラウス:スタンドカラータックブラウス(NAVY)、その他スタイリスト私物

ボタンを開けてブラウスをライトなジャケットのような羽織りとして。ホワイト×カーキの爽やかさのあるカラーリングで品のあるカジュアルスタイルに。ブラウス:スタンドカラータックブラウス(L.GRAY)、インナー:5分袖ニットソー(WHITE)、パンツ:ソフトオックスドロストパンツ(KAHKI)

インナーをカットソーではなくブラウスに。華やかなアクセントが作る大人のかわいさ。

カジュアルなトレーナーの襟元からシルクのボウタイをのぞかせると、大人かわいいカジュアルスタイルを作れます。ボトムスはパンツでスッキリと。プリーツスカートなどでフェミニンに振るのも素敵です。ブラウス:シルクストレッチボウタイブラウス(WHITE)、パンツ:ソフトオックスセンタープレスストレートパンツ(TERRACOTTA BROWN)、その他:スタイリスト私物

***

ブラウスをもっとデイリーに取り入れて、大人のカジュアルスタイルを楽しんでみませんか。お手持ちのブラウスの着回しにもぜひ取り入れてみてください。

※スタイリング使用アイテムは現在販売終了している可能性がございます。

過去の記事一覧はこちら>>

Featured collection

BEST SELLERS