ビジネスカジュアルに新鮮さをプラス。今すぐ取り入れられる6つのテクニック

いつものお仕事スタイルにひとさじの新鮮さをプラス。マンネリを感じやすい季節の中盤はさりげない変化を加えてみませんか?

今回は、気張りすぎずに洗練された印象を取り入れられるテクニックをご紹介します。

TIP1 ニュアンスカラーのインナーでカラーボトムスを馴染ませて 

新鮮な気分にするときに手っ取り早いのがカラーボトムス。その時におすすめなのがニュアンスカラーのインナーで馴染ませるテクニックです。力を入れすぎない今っぽいムード漂う配色が簡単に作れ、上品なオフィスカジュアルスタイルに。

キャメルとホワイトのコントラストをベージュのブラウスで落ち着かせてジャケット:ノーカラージャケット(WHITE)、ブラウス:ソフトオックスノースリーブブラウス(BEIGE)、スカート:タイトスカート(CAMEL)

青みがかったライラックを涼やかなライトグレーのブラウスで爽やかにジャケット:和紙混ニットジャケット(WHITE)、ブラウス:ライトクロスVネックブラウス(L.GRAY)、パンツ:タックワイドパンツ(LILAC)

ベージュ〜ブラウンのグラデーションによって奥行き感じるスカートスタイルジャケット:和紙混ニットジャケット(WHITE)、インナー:5分袖ニットソー(BEIGE)、スカート:リネーラタイトスカート(KHAKI BROEN)

TIP2 定番ネイビーに差し色で個性をプラス

夏だからこそ鮮やかな差し色を取り入れて気分転換。色を際立たせつつ、知的に落とし込んでくれるネイビーと合わせればオフィスシーンも適した上品なスタイルに。

クールなのに気分が高まるきれいなブルーをフェミニンなブラウスでブラウス:バックリボンフレアスリーブブラウス(BLUE)、スカート:ストレッチファインタイトスカート(BLACK)

目線に直接入らないボトムスで悪目立ちを回避。親しみやすさを生む夏めくイエローブラウス:リネーラショートスリーブコクーンブラウス(NAVY)、パンツ:ライトクロスセンタープレスドロストパンツ(YELLOW)

TIP3 スーツ見えセットアップを活用

上下同じ生地のセットアップは、ジャケットを羽織らずともオフィスシーンでひけをとらないきちんと感を簡単に作ってくれる万能アイテム。ネイビーやチャコールグレーなどベーシックカラーはもちろん、より夏らしくするならナチュラルなブラウン系が着回しもしやすくなるのでおすすめです。

スーツ地見えする生地でハンサムに、センタープレスですっきりを底上げブラウス:ウールライクショートスリーブコクーンブラウス(CHARCOAL)、パンツ:ウールライクセンタープレスパンツ(CHARCOAL)

気品感じるスタンドカラーのブラウスでクラシカルに引き上げてブラウス:スタンドカラータックブラウス(NAVY)、パンツ:センタープレスストレートパンツ(NAVY)

ナチュラルなムード漂うリネン調のブラウスとスカートをワンピース風にブラウス:リネーラショートスリーブコクーンブラウス(KHAKI BROWN)、スカート:リネーラタイトスカート(KHAKI BROWN)

TIP4 シャツワンピースやジレで縦ラインを強調

前開きのシャツワンピースやロングジレはすっきりした縦長ラインを作ってくれる頼れるアイテム。シンプルな組み合わせでもコーディネートが成立するので、セットアップ同様に忙しい朝の味方になるはず。

フロントの一本線がシャープに仕立ててくれるシャツワンピーススタイルジャケット:ウールライクノーカラージャケット(GRAY)、ワンピース:ロングシャツワンピース(BLACK)

縦の線がつながるアイテム、ロングジレでシンプルなワンピースをアップデートジャケット:ウールライクロングジレ(GRAY)、ワンピース:2WAYワンピース(BLACK)

TIP5 異素材ワントーンで洗練ビジネスカジュアル

異素材のジャケットとボトムスをワントーンでまとめたビジネスカジュアルスタイル。アイボリーやベージュなど爽やかなカラーでつくるとより夏にぴったりなスタイルに。馴染ませ役としてニュアンスカラーのシューズを一足持っておくと便利です。

ナチュラルなカーキとアイボリーをマットなホワイトでひきしめジャケット:和紙混ニットジャケット(WHITE)、ブラウス:バックリボンノースリーブブラウス(KHAKI)、スカート:リネーラタイトスカート(IVORY)

見た目も着心地も軽やかなシアサッカー素材のジャケットを主役にジャケット:シアサッカーノーカラージャケット(BIEGE)、インナー:5分袖ニットソー(WHITE)、パンツ:ソフトオックスセンタープレスストレートパンツ(BEIGE)

TIP6 ベルトマークでシルエットを変えて

シルエットが変わるだけでも印象が変わるので、ベルトマークはぜひトライいただきたいテクニックの一つ。メリハリがつき女性らしいさがプラスされるだけでなく、腰位置を作れるのでスタイルアップ見えの効果も得られます。

ブラウスをアウトしたままキュッとウエストを絞ってタイトスカートスタイルをひとひねりブラウス:スタンドカラータックブラウス(WHITE)、スカート:タイトスカート(NAVY)、ベルト:ヴィーガンレザー細ベルト(D.NAVY)

ジャケットの上からベルトマークしてさりげない気分転換をジャケット:ウールライクノーカラージャケット(GRAY)、ワンピース:ウールライクジャンパースカート(GRAY)、インナー:5分袖ニットソー(WHITE)ベルト:レザーベルト(BLACK)

*****

いかがでしたでしょうか。
ぜひ、いつものスタイルにアイディアをプラスしてビジネススタイルをあなたらしく楽しんでみてください。

※スタイリング使用アイテムは現在販売終了している可能性がございます。

過去の記事一覧はこちら>>

Featured collection

BEST SELLERS