ニューノーマル時代の、セレモニー仕様の華やかパンツスタイル 2021

先日お送りしたセレモニースタイルのアンケートには、短い期間にたくさんの方にご回答いただきまことにありがとうございました。ご協力下さった方に心よりお礼申し上げます。

セレモニーは普段とは異なるシーンでマナーにも心を配るため、お悩みになる方も少なからずいらっしゃいました。すでにセレモニーのご経験がある方のご回答からは、ご自身が着たい色やアイテムと、実際に着用されたものが異なっていたことも浮かび上がりました。

ファッションのカジュアル化、ジェンダーニュートラル化は大きな流れとして元々ありましたが、新しい生活様式によってさらに加速したこともアンケート結果から見えてきました。

重視したいのは着心地と華やかさモデル身長:162cm トップス:ウールライクコクーンブラウス(GRAY)  パンツ:ウールライクタックパンツ (GRAY) 

コロナ前後で特に変化があったのは、着心地と華やかさを重視する方が増えたことでした。上の写真のような普段も着回せる着心地の良いセットアップを、アクセサリーやジャケット合わせでセレモニー仕様にしたいと選択肢に入れる方も増えたかもしれません。

セレモニーに参列できるかも明確ではない中で、普段でも快適に着まわせるアイテムで無駄な買い物にならないようにしたいこと、とはいえ貴重なハレの日には明るい装いをしたいというお気持ちがより強くなったのだと思います。

パンツスタイルを着たいけれど実際にはスカートやワンピースをご着用

換気を良くするために扉を開放することで気温が下がってしまう体育館内のことを考えたり、カジュアル化の流れを受けて、パンツスタイルを希望される方が増えたようです。一方で、実際に着用される方は希望される方より割合が低いことも分かりました。

SOÉJUがスタイリングサービスの中でお客様から伺うのは、「セレモニーといえばツイードジャケットだと思っていました」というお話です。ノーカラーのツイードジャケットを想定されると、ジャケットの丈感からもパンツを合わせにくいと感じられるのかもしれません。

SOÉJUでは、セレモニーシーンでも着やすく華やかで上品さもキープするパンツスタイルをご提案しています。今回は、2つのスタイルをご紹介させていただきます。

STYLE1:オールネイビーでも素材感とアクセサリーで印象的なスタイルにモデル身長:162cm ジャケット:ノーカラージャケット(NAVY) >> ブラウス: シルクストレッチボウタイブラウス(NAVY) >> パンツ:タックパンツ(NAVY) >>

ジャケット、パンツ、ブラウス、全てダークネイビーでまとめたスタイルです。ワントーンにまとめたことで、シルクブラウスの上品な光沢感とパールがより引き立ちます。シンプルなのにどこか印象に残る知性的なスタイルをお探しの方におすすめです。

STYLE2:モノトーンの配色でもシルエットと素材感で意外なほど華やかにモデル身長:165cm ジャケット:ストレッチファインロングノーカラージャケット(BLACK)>> ブラウス:バックリボンフレアスリーブブラウス(WHITE)>>  パンツ:サイドタックワイドパンツ(BLUE GRAY)>>

胸元のギャザーが華やかさを演出するホワイトのブラウスにパールを合わせることで、ブラックのジャケットも一気にセレモニー仕様に。落ち感のエレガントなグレーのワイドパンツでコントラストを和らげていただくと、マニッシュすぎず優しい印象に仕上がります。

今後も、アンケートでお寄せいただいたお悩みなどを元にブログでスタイリングのご紹介をする予定です。

また、ワンピース派、スカート派、パンツ派どのタイプの方にもご参考にしていただけるようなセレモニー特設サイトも公開しました。ぜひご覧になってみていただけたら幸いです。

「ファッションを通じて人生のパフォーマンスを上げる」ことを目指すSOÉJUは、セレモニーのシーンでもご自身が着たいもの、着心地がいいアイテムでの装いをご提案できればと考えています。

過去の記事一覧はこちら>>

Featured collection

BEST SELLERS