気がつくとネイビーばかりな方に。定番カラーを地味見えさせない着こなしアイディア

 きちんとした印象を作るネイビーは仕事や学校行事、お出かけなど、最も幅広いシーンで活躍するカラーと言っても過言ではないですよね。着まわしもしやすく、流行り廃りがないので「気がつくとクローゼットの中がネイビーばかり」という方は多いのでは。

定番ゆえに、人と被ってしまいがちであったり、無難でマンネリを感じやすくもありますが、着こなし方次第で華やかで洗練したスタイルを作ることができるカラーです。

今回はネイビーを主役にしたスタイルをご紹介。カラーアイテムが苦手という方にも取り入れていただけるようベーシックカラーを中心とした配色になってます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

*****

トーンをずらして女性らしい雰囲気に

ネイビーといっても黒に近いものや、青に近いものなど様々なネイビーがあります。ロングニットジャケットのほんのり赤みを感じるネイビーは女性らしさを引き立たせてくれる色。下に重ねるブラウスやパンツを濃紺に近いネイビーにすることで、濃淡が生まれ洗練された印象に。ホワイトのスニーカーで軽やかに仕上げると抜け感が生まれます。カーディガン:ロングニットジャケット(NAVY)、ブラウス:バックリボンロングスリーブブラウス(NAVY)、パンツ:ダブルクロスセンタープレスストレートパンツ(NAVY)

質感と色のコントラストで華やかに

アウターとインナーの他に、トップスとボトムスでネイビーの色をずらす着方もおすすめです。光沢が感じられるスカートを合わせて質感のコントラストで華やかさをプラスして。同色でまとめたからこそカーディガンのフロントに並ぶボタンがアクセサリーのように煌めき、スタイリングのアクセントに。カーディガン:ワイドリブVネックカーディガン(NAVY)、インナー:ワイドリブタートルネックニット(NAVY )、スカート:リモンタギャザースカート(NAVY)

レースブラウスで立体感をプラス

特徴的な素材感のアイテムを一点投入するだけでも新鮮なスタイルを作ることができます。ハンサムな佇まいのジャケット×パンツスタイルのインナーを、胸元にギャザーがあしらわれたレースブラウスにすることで上品な甘さをプラス。スーツ姿の男性の中に並んでも、悪目立ちすることなく女性らしさを演出できるスタイルに。ジャケット:ロングノーカラージャケット(BLACK)、ブラウス:レーススタンドカラーノースリーブブラウス(NAVY)、パンツ:ソフトオックスセンタープレスストレートパンツ(NAVY)

ラグジュアリーな素材感でドレスアップ

ドレスアップのシーンでは艶とドレープを味方にして。シルクブラウスにエコファーのショートコートを合わせて高級感のあるスタイルに、動きのあるワイドパンツを合わせることで優雅な佇まいに仕上げて。ネイビー×ブラックのシックな配色なら知的な印象を抑えたドレスアップスタイルに。アウター:エコファーリバーシブルショートコート(NAVY ※販売終了)、ブラウス:シルクストレッチボウタイブラウス(NAVY)、パンツ:サイドタックワイドパンツ(BLACK)

チャコールグレーでマニッシュに引き上げて

マニッシュな印象にするならチャコールグレーを合わせてみて。ブラックよりも優しいコントラストが作られ程よい抜け感が生まれます。ニットの質感とパンツのシルエットによる華やぎに、艶のあるエナメルシューズでメリハリを作れば地味な印象も払拭されますよ。トップス:フォックス混ニットプルオーバー(CHARCOAL ※販売終了)、パンツ:ダブルクロスサイドタックワイドパンツ(NAVY)

ホワイトではなくライトグレーを

いつもホワイトを合わせている方はライトグレーにチェンジしてみて。ホワイトよりも落ち着いた雰囲気が生まれ、都会的なネイビーへと変化します。ワイドリブが入ったトップスで首元すっきりと、タイトスカートでスラリとしたIラインを作って。ニットジャケットの胸元にあるラペルは、ほんの少しの物足りなさを埋めてくれるアクセサリー代わりに。カーディガン:テーラードニットジャケット(NAVY)、インナー:ワイドリブタートルネックニット(NAVY )、スカート:ロングタイトスカート(NAVY)

***

いかがでしたか。定番カラーを使ったスタイリングも、色のずらし方や素材の合わせ方でいつもとは違った印象になります。ぜひ試してみてくださいね。

※スタイリング使用アイテムは現在販売終了している可能性がございます。

過去の記事一覧はこちら>>