春〜初夏にぴったり。前開きアイテムで作るお出かけスタイル

寒暖差が続く春はさまざまな着こなしができる前開きのシャツやワンピースが大活躍。外出の機会も増えるこの時期におすすめのスタイリングアイディアを今回はご紹介。ぜひ連休のお出かけにも参考にしていただけると嬉しいです。

ホワイトパンツを重ねて爽やかに

ワンピースにワイドパンツを重ねたレイヤードスタイル。重ねたからこそ生まれるリッチ感がワンランク上のスタイルへと導きます。生地の分量が多い分、ワイドパンツは軽やかなホワイトをセレクト。袖をたくし上げて華奢な手首を見せるとよりすっきりとまとまります。

ワンピース:ジャージートレンチスタイルコートワンピース(BIEGE)、パンツ:サイドタックワイドパンツ(WHITE)

ワイドなシルエットでメンズライクに

ロングシャツにワイドパンツを合わせたメンズライクなムード漂うカジュアルスタイル。丸みを帯びたバンドカラーにふわっとボリュームのあるスリーブ、とろみ感が優雅なパンツなど、随所に柔らかさを散りばめることで、白シャツ+ブラックのボトムスがもつフォーマル感を払拭します。足元もきっちりまとめずスニーカーで抜け感を出すと◎

シャツ:バンドカラーロングシャツ(WHITE)、パンツ:サイドタックワイドパンツ(BLACK)

ビビットなカラーで印象的に

シャツワンピースをトップス風に着こなしたパンツスタイル。ちらりと除くボトムスには鮮やかに映えるビビットなカラーを差してみて。暖かみを感じるコーラルピンクを合わせることで、ネイビーの緊張感が和らぎ親しみやすい印象に。可愛らしくも大人っぽさのあるバランス感が印象的に映ります。お洋服のコントラストがはっきりしているので、シューズはアイボリーで抑えると上品にまとまります。

ワンピース:バンドカラーシャツワンピース(NAVY)、パンツ:ライトクロスセンタープレスドロストパンツ(CORAL PINK)

グレーのワントーンで作る洗練スタイル

グラデーションで作る上品かつシックなパンツスタイル。ボトムスにワントーン落としたグレーを忍ばせることで奥行きのあるスタイルに仕上がります。ぼんやりしないようベルトやバッグでブラックの華奢な線を入れて程よいメリハリを。ポインテッドトゥのシューズにすればよりすっきりした印象に。

ワンピース:バンドカラーシャツワンピース(GRAY)、パンツ:ウールライクセンタープレスパンツ TALL丈(GRAY)

爽やかなライトカーキを大人っぽく

昨年から注目度の高いグリーン。マイルドなライトカーキなら主張が強すぎないので普段使いに取り入れていただきやすい同系統のカラーです。カーキとホワイトのナチュラルなパンツスタイルにバサッと羽織れば簡単にこなれたきれいめカジュアルが完成。ベージュのパイソン柄パンプスなら程よく馴染みつつピリッとクールなアクセントに。

ワンピース:ジャージートレンチスタイルコートワンピース(L.KHAKI)、インナー:5分袖ニットソー(WHITE)、パンツ:ソフトオックスセンタープレスストレートパンツ(KHAKI)

番外編:ボタンの閉じ方で印象を変えて

前開きシャツの着回しやすさは、アウターからトップス、ワンピースといった着方だけでなく、ボタンの閉じ方によって印象の変化が変えられるところにもありますよね。印象はもちろん暖かさも変わるので、気温の変化が激しい季節や、一日の中にさまざまなシーンに対応しなければならない方にはピッタリのアイテム。

上まできっちり留めてきちんと真面目に、第一ボタンだけを外してヘルシーな抜け感を出して。

ワンピース:ロングシャツワンピース(BLACK)

襟がついているタイプなら、襟を立て気味にすることでよりクールに気品溢れる着こなしへと幅を広げることができます。

シャツ:ソフトオックスシャツ(BIEGE)、パンツ:ソフトオックスセンタープレスストレートパンツ(BEIGE)

第一ボタンだけ留めて胸元からすっと隙間を作ることで、重心を高く見せるテクニックも◎わずかな変化で様々な着こなしを楽しんでみてくださいね。

シャツ:ソフトオックスシャツ(NAVY)、インナー:5分袖ニットソー(WHITE)、パンツ:サイドタックワイドパンツ(L.GRAY)

*****

いかがでしたか。まだまだ肌寒い日も続きますね。前開きのシャツやワンピースをぜひ活用してみてくださいね。

※スタイリング使用アイテムは現在販売終了している可能性がございます

過去の記事一覧はこちら>>

Featured collection

BEST SELLER