冬のマンネリ解消に。春先まで使える大判ストールの取り入れ方とは?

立春に入り、暦の上ではもう春と呼ばれる時期になりましたね。まだ寒さが続いていますが、冬服にマンネリを感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな今の時期におすすめしたいのが大判ストール。取り入れ方次第で印象が変えられ、中に着るお洋服を調整すれば季節を超えて活用できるので、スタイリングの幅を広げてくれる便利なアイテムです。

今回は春先まで使える大判ストールの取り入れ方をご紹介します。

*****

Tips 1|ペールカラーのストールを首から垂らして

ペールカラーのストールをお持ちの方は今こそぜひ取り入れて。首に巻くのではなく首から垂らすだけで、ストールが占める面積が広がりいつも着ているダークカラーのコートも違った印象に。コート:ウールリバーコート(NAVY ※販売終了)、インナー:カシミヤ混タートルネックカットソー(L.BLUE)、パンツ:ダブルクロスストレッチセンタープレスフルレングスパンツ(GRAY)、その他使用アイテム:スタイリスト私物

ライトブルーなどの爽やかなペールカラーのストールは、顔まわりをパッと明るくするだけでなく、肌寒さの残る春先も使いやすいので一枚持っておくとロングシーズン活躍します。

Tips 2|首にぐるっと巻きつけてスタイルアップ

次にご紹介するのは大判ストールを首元にぐるっと巻きつけ、あえて顔まわりにボリュームを持たせた簡単アレンジ。端の部分は広げて肩を覆い、マント風にまとうのがこなれ感を出すポイントです。トップス:ミラノリブニットプルオーバー(OFF WHITE)、パンツ:ソフトオックスセンタープレスフルレングスパンツ(BEIGE)、その他使用アイテム:スタイリスト私物

上半身にボリュームがあるので、ボトムスはすっきりシルエットのセンタープレスパンツをセレクトして。重心を上げるだけでなく、小顔効果も期待できます。

Tips 3|細ベルトでケープ風カーディガンにアレンジ

ストールを前でクロスさせ、細ベルトでウエストマークする方法もおすすめ。ケープ風のシルエットになり旬なスタイルへと導いてくれます。腕部分に余裕が生まれるので、袖にデザイン性のあるブラウスのアウターとしても活用いただけます。インナー:クルーネックロングスリーブプルオーバー(BLACK)、ベルト:ヴィーガンレザー細ベルト(D.NAVY)、パンツ:サイドタックワイドパンツ(BLUE GRAY)、その他使用アイテム:スタイリスト私物

全体的にゆったりしたシルエットで組み合わせるとバランス良くまとまりモード感漂うスタイルに。足元もスニーカーでカジュアルダウンして抜け感をプラスして。

Tips 4|カゴバックにふわっと乗せてアクセントに

上級者の方におすすめしたいのが、カゴバックにストールをふわっと乗せる方法。意外にもウールコートを羽織った冬のスタイルに馴染みつつ、異質な素材の掛け合わせがスタイリングのアクセントになり新鮮なスタイルに。使用アイテム:スタイリスト私物

ナチュラルな雰囲気が加わるアイテムなので、深みのあるブラウン系にすると大人でシックな印象にまとまります。カゴバックをお持ちの方はぜひトライしてみて。

***

いかがでしたか。巻き方や取り入れ方次第で印象の変わる大判ストールのアイディア、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※スタイリング使用アイテムは現在販売終了している可能性がございます。

過去の記事一覧はこちら>>