Interview vol.1 

SOÉJU Meets 

Naoko Hamajima

飾らない人柄と広い見識で、テレビやラジオでも活躍するモデルの浜島直子さん。今回、SOÉJUの診断コンテンツ「My Essential Closet」を体験していただき、その感想やSOÉJUに対する印象のほか、ご自身のファッション観についても伺いました。

Profile

浜島直子

浜島直子

18歳でモデルデビュー。2014年に男児を出産。母になった現在も、センスのよいライフスタイルが支持され、女性誌、テレビ、ラジオなど多方面で活躍。日常を包み隠さず切り取ったインスタグラムも公開中。夫・アベカズヒロ氏との共著絵本『ねぶしろ』(ミルブックス)がある。2020年には初の随筆集「蝶の粉」を上梓。

Instagram: @hamaji_0912

Interview vol.1

SOÉJU Meets 

Naoko Hamajima

飾らない人柄と広い見識で、テレビやラジオでも活躍するモデルの浜島直子さん。今回、SOÉJUの診断コンテンツ「My Essential Closet」を体験していただき、その感想やSOÉJUに対する印象のほか、ご自身のファッション観についても伺いました。

Profile

浜島直子

中瀬古ゆきな

18歳でモデルデビュー。2014年に男児を出産。母になった現在も、センスのよいライフスタイルが支持され、女性誌、テレビ、ラジオなど多方面で活躍。日常を包み隠さず切り取ったインスタグラムも公開中。夫・アベカズヒロ氏との共著絵本『ねぶしろ』(ミルブックス)がある。2020年には初の随筆集「蝶の粉」を上梓。

Instagram: @hamaji_0912

忙しい母にとって、客観的な診断はありがたい存在

仕事に子育てに、忙しい毎日を送りながらも、自分らしく前向きにおしゃれを楽しんでいる浜島さん。まずは、SOÉJUの診断コンテンツ「My Essential Closet」について、率直な感想を尋ねました。

「子どもがまだ小さく、なかなか自分の時間が取れないので、最近はネットで洋服を買う機会も増えました。店舗なら店員さんに相談しながら買い物ができるけれど、ネットだと自分で判断をしないといけない。そういうときに、客観的な意見をくれる診断コンテンツはありがたいですね。」

「このVネックのブラウスも、肩幅が広く見えるような気がして、私ひとりの判断だったら手に取ることはなかったと思います。実際に着てみると、シルク素材なら首周りが華奢に見えるという発見があって。今回の診断は、自分らしさにフィットしながら、スタイルの幅を広げる手助けにもなると感じました。」

ラクでも緩すぎないから、ワンマイルを超えられる

トップスをワンピースに着替え、ロングカーディガンを重ねたリラクシーなスタイル。身体のラインを拾わない、ゆったりとしたシルエットは、彼女がさまざまなおしゃれを経験して見つけた、“好き”のひとつです。

「若い頃は、とにかく目に入るもの全部が欲しくて。人に「その服、素敵ね」と言われることに価値を感じていましたが、40代になった今は、その服が本当に好きか、心地良いかといった自分軸の理由で選べるようになりました。」

「とはいえ、リラックスできて可愛いだけでは、部屋着以上にはなれない。このロングカーディガンのようにゆったりとしたシルエットながら、ドルマンスリーブだったり、袖口のリブが長めだったり。シャープに見える工夫が細部まで行き届いていると、外に出られるだけでなく、ワンマイルを超えられる洗練感が出ますよね。」

日常に溶け込む服なら、ありのままの私でいられる

仕事柄多くの服を着る機会のある彼女にとって、自分らしいと感じる装いとは? 

「モデルとして経験を積んだ今でも、トレンド感や主張の強い服を着るときは少し気負いしてしまうというか、自分の中でギアチェンジをする必要があるんです。でもSOÉJUの服は、気合いを入れなくても自分の許容範囲の中で華やかさを楽しめる感じがして、自分らしく着こなせました。」

「日々仕事や子ども、家のことなど、いろいろなことに気を遣っているから、普段の自分の装いくらいはストレスフリーでいたい。地味なのは嫌ですけれど、服に対してはハードルを下げたかもしれません。このワイドパンツにみたいに、フロントタックが入って見た目はきちんとしているのに、ウエストの後ろ部分がゴムになっているとか、日常に溶け込んでくれる服に魅力を感じるようになりましたね。」

毎日着たくなるのは、自分を底上げしてくれる1着

小さなお子さんがいる母親の場合、“自分が着たい服”と“リアルに着られる服”のバランスを取るのが難しいもの。浜島さんはどのようにしていたのでしょう。

「子どもがもっと小さい頃は、公園に行く服、仕事に行く服と着分けていました。すごく面倒でしたね(笑)。最近はやんちゃ頻度も減ってきて、オンとオフの境目がなくなってきました。そうなると今度は、服に対する譲れないこだわりみたいなものが徐々に明確になってきて。もう窮屈なのもチクチクするのも嫌。もっと自分を甘やかしていいんじゃないかって。頑張って着飾らなくても、自分という素材そのものを底上げしてくれるようなシルエットの美しさと上品さ、そして着心地の良さがSOÉJUにはありますよね。毎日手に取りたくなる、長く愛用したくなる服って、結局そういう1着なのかなと思います。」

忙しい母にとって、客観的な診断はありがたい存在

仕事に子育てに、忙しい毎日を送りながらも、自分らしく前向きにおしゃれを楽しんでいる浜島さん。まずは、SOÉJUの診断コンテンツ「My Essential Closet」について、率直な感想を尋ねました。

「子どもがまだ小さく、なかなか自分の時間が取れないので、最近はネットで洋服を買う機会も増えました。店舗なら店員さんに相談しながら買い物ができるけれど、ネットだと自分で判断をしないといけない。そういうときに、客観的な意見をくれる診断コンテンツはありがたいですね。」

「このVネックのブラウスも、肩幅が広く見えるような気がして、私ひとりの判断だったら手に取ることはなかったと思います。実際に着てみると、シルク素材なら首周りが華奢に見えるという発見があって。今回の診断は、自分らしさにフィットしながら、スタイルの幅を広げる手助けにもなると感じました。」

ラクでも緩すぎないから、ワンマイルを超えられる

トップスをワンピースに着替え、ロングカーディガンを重ねたリラクシーなスタイル。身体のラインを拾わない、ゆったりとしたシルエットは、彼女がさまざまなおしゃれを経験して見つけた、“好き”のひとつです。

「若い頃は、とにかく目に入るもの全部が欲しくて。人に「その服、素敵ね」と言われることに価値を感じていましたが、40代になった今は、その服が本当に好きか、心地良いかといった自分軸の理由で選べるようになりました。」

「とはいえ、リラックスできて可愛いだけでは、部屋着以上にはなれない。このロングカーディガンのようにゆったりとしたシルエットながら、ドルマンスリーブだったり、袖口のリブが長めだったり。シャープに見える工夫が細部まで行き届いていると、外に出られるだけでなく、ワンマイルを超えられる洗練感が出ますよね。」

日常に溶け込む服なら、ありのままの私でいられる

仕事柄多くの服を着る機会のある彼女にとって、自分らしいと感じる装いとは? 

「モデルとして経験を積んだ今でも、トレンド感や主張の強い服を着るときは少し気負いしてしまうというか、自分の中でギアチェンジをする必要があるんです。でもSOÉJUの服は、気合いを入れなくても自分の許容範囲の中で華やかさを楽しめる感じがして、自分らしく着こなせました。」

「日々仕事や子ども、家のことなど、いろいろなことに気を遣っているから、普段の自分の装いくらいはストレスフリーでいたい。地味なのは嫌ですけれど、服に対してはハードルを下げたかもしれません。このワイドパンツにみたいに、フロントタックが入って見た目はきちんとしているのに、ウエストの後ろ部分がゴムになっているとか、日常に溶け込んでくれる服に魅力を感じるようになりましたね。」

毎日着たくなるのは、自分を底上げしてくれる1着

小さなお子さんがいる母親の場合、“自分が着たい服”と“リアルに着られる服”のバランスを取るのが難しいもの。浜島さんはどのようにしていたのでしょう。

「子どもがもっと小さい頃は、公園に行く服、仕事に行く服と着分けていました。すごく面倒でしたね(笑)。最近はやんちゃ頻度も減ってきて、オンとオフの境目がなくなってきました。そうなると今度は、服に対する譲れないこだわりみたいなものが徐々に明確になってきて。もう窮屈なのもチクチクするのも嫌。もっと自分を甘やかしていいんじゃないかって。頑張って着飾らなくても、自分という素材そのものを底上げしてくれるようなシルエットの美しさと上品さ、そして着心地の良さがSOÉJUにはありますよね。毎日手に取りたくなる、長く愛用したくなる服って、結局そういう1着なのかなと思います。」

毎日手に取りたくなるのは「素材が良い服」

- My Essential Closetを体験してみていかがでしたか?

診断の質問で好みのカラーやシルエットなどを答えていたので、提案していただいたアイテムはどれも自分のスタイルに合うと感じるものばかりでした。

なかでも、普段モノトーンの服が多い私にとって、ブルーのワイドパンツは新鮮に感じた1枚。きれいな色に憧れはありつつ、自分ではなかなか選ぶことはなくて。このパンツはゆとりあるシルエットが好みなこともあり、実際に穿いてみたら色物もしっくりきました。新たな発見や出会いがあるのも、この診断の魅力だと思います。

- SOÉJUにはどのような印象をお持ちでしたか?

SOÉJUの第一印象は安心感のあるアイテムが揃うブランドというイメージでしたが、実際に着てその印象が確かなものに変わりました。

今着ているボウタイブラウスもシルク素材なのにシワになりにくく、自宅で洗えるのが長く愛せる理由なのかなって。それは、素材の良さからくる「着やすさ」が大きいと思います。着回し力の高さも実感していて、普段ならこのブラウスにデニムを合わせますが、きちんとしたいときには今回のようなワイドパンツを合わせると素敵ですね。

シーンも季節も超えて、着回せるのが魅力

- 今回実際に着ていただいて感じられたSOÉJUアイテムの魅力を教えてください。

スタイルやシーンに合わせて着回せるだけでなく、シーズンレスで着られるのことが魅力と感じました。ワイドパンツも白のタックパンツもサラッとした肌触りなので、ブラウスはもちろん、冬はニットに合わせた着こなしも楽しめそうです。

あと私自身、すらっとスタイル良く見えることが服選びの第一条件なので、斜めのラインが印象的なラップデザインやサイドにタックが入ったハイウエストのデザインなど、SOÉJUのパンツには脚を細く長く見せてくれる工夫があるのも嬉しいポイントでした。

- 最後にMy Essential Closetのご感想をお願いします。

診断をすることで、「Vネックは持っていなくて、無地の服が多い」など、自分のクローゼットを振り返る良い機会になりました。同時に、理想のクローゼットに近づくためには、カラーアイテムがあると、着回し力が格段に上がることにも気づいて。そういった意味でも、この診断結果に出てくるアイテムはプロのスタイリストさんが監修しているので、手持ちの服にも合わせやすくて安心です。シーズンの変わり目や着こなしに迷いが出たときなど、また診断をやってみたいと思いました。

浜島さん着用アイテム

シルクストレッチVネックブラウス
サイドタックワイドパンツ
シルクカシミヤ混カーディガン
2WAYワンピース
ペイズリー柄ワンピース
シルクストレッチVネックブラウス
サイドタックワイドパンツ
シルクカシミヤ混ロングカーディガン
2WAYワンピース
ペイズリー柄ワンピース
(後日instagram着用アイテム〉
ソフトオックスシャツワンピース
<後日instagram着用アイテム>
ソフトオックスシャツワンピース
<後日instagram着用アイテム>
カシミヤ混タートルネックカットソー
(後日instagram着用アイテム〉
カシミヤ混タートルネックカットソー

浜島さん着用アイテム

サイドタックワイドパンツ
シルクカシミヤ混ロングカーディガン
2WAYワンピース
ペイズリー柄ワンピース

Interview Photo Gallery

Instagram Gallery

instagram: @hamaji_0912