モイスチャーベース

¥2,970 (税込)
容量:  
個数:

なめらかな肌に導く美容液下地。すぐにとけるように肌になじむ*、軽やかなつけ心地ながら、みずみずしい仕上がりでキメを整え、メイクアップの仕上がりをキープします。どんな肌にも使える透明美容液下地です。
*角層まで

こんな方におすすめ:
・朝の化粧のりが悪い
・乾燥が気になる
・くすみが気になる

IMAIその他のアイテムはこちら
BBクリームUV>>
スムースコンシーラー>>

※返品・交換不可商品になります。

品番:I-BM-02-001-01-02-01

容量
30g

成分
水、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、グリセリン、ペンチレングリコール、BG、イソステアリン酸、フェノキシエタノール、水酸化K、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/メタクリル酸ベヘネス-25)クロスポリマー、(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、(C15-19)アルカン、キサンタンガム、ラウリン酸ポリグリセリル-6、ポリグリセリン-6、セラミドAP、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ナイアシンアミド、アーチチョーク葉エキス
 
取り扱い
○お肌に異常が生じてないかよく注意してご使用ください。お肌に合わないときはご使用をおやめください。
〇お肌に傷、はれもの、湿疹等、異常のある時はご使用をおやめください。
〇ご使用中、赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合やご使用した肌に直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合は、ご使用を中止してください。そのままご使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。
〇目に入ったときは直ちに洗い流してください。
〇ご使用後はきちんとキャップをしめてください。
〇乳幼児の手の届かない所に保管してください。
〇極端に高温又は低温の場所、直射日光の当たる場所には保管しないでください。

 

1.スキンケアで肌を整えた後、パール粒大を手の甲に乗せます。
2.2本指で顔全体になじませます。
3.乾燥が気になる部分は重ね付けをしてください。
4.最後に、残ったモイスチャークリームを手の平で温めた後、顔全体と首を包むようになじませます。

使用ステップ
スキンケア→「モイスチャーベース」→「BBクリームUV」→「スムースコンシーラー

ベースメイク、諦めていませんか?

「ヨレ・崩れ」というベースメイクのお悩みはいつの時代にもありますが、長引くマスク生活でそれが加速・深刻化し、いっそのこと“塗らない”選択をされている方も多いのではないでしょうか。

しかし、いずれ来る「マスク無し生活」。食事や写真撮影の短時間だけでもマスクを外すことに躊躇するのに、この先ずっと何も塗らずに過ごせるでしょうか・・?

IMAI(アイマイ)はそんな不安とストレスからの解放を目指し、誕生しました。

取扱いの背景はこちら >>

着目したのは「乾燥」による化粧崩れ

落ちにくさに特化した優秀なベースメイクアイテムは市場にたくさんありますが、汗(水分)や皮脂に対抗する為には、どうしても合成ポリマーやシリコーン等をたくさん配合する必要があります。そうすることによって汗・皮脂に強く崩れにくくなるのですが、一方で皮膜感や強いクレンジングでなければ落ちないといった肌負担へ繋がってしまうことが難点でした。

果たして、皮脂量がそこまで多くない大人の肌に、そのアプローチは正解なのか?

大人の化粧崩れのメカニズムを突き詰めた結果、実は汗や皮脂だけではなく「乾燥」による崩れが多く生じていることに気づき、これまでとは角度の異なった方法を考えはじめたのです。

アプローチの方針が決まった後、最もこだわったのが高い保湿力でした。

時間をかけてじっくりとスキンケアを行えば、その分肌の角質層が潤い乾燥崩れを防ぐことが出来ますが、忙しい朝に化粧水の重ね付けを毎日行うのは難しい、と感じられる方も多いのではないでしょうか。

そこで、IMAI モイスチャーベースは保湿に優れたベース材料を用い、さらに潤いをキープする美容成分を配合。敢えてUVカット機能を付与しない*ことによって、保湿効果を確実に高めることにフォーカスしました。

また、肌のキメにスッとなじみやすい設計で、みずみずしい潤いとベタつきの少ない絶妙なバランスを実現。丁寧にスキンケアをした後のような、まさに“美容液発想”の化粧下地が誕生しました。

*日中の紫外線対策として、IMAI BBクリームUVとの併用をおすすめしております。

どんなコスメとも相性抜群!な多機能下地

化粧品、特にベースメイクアイテムは、その前後に使うアイテムとの相性も大切です。

スキンケアとの相性が合わないとモロモロとした消しゴムのカスのようなものが出てしまったり、次に使うベースメイクアイテムとの相性が合わないと色が浮く・上手く馴染まないといったことも起きてしまいます。

そんなストレスを解消すべく、IMAI モイスチャーベースは目的別に配合成分を取捨選択。

特に、汗・皮脂に含まれる微量な塩分と反応しやすいシリコーン系の成分(これが、モロモロの原因になり得る成分の一つです)が含まれていないので、スキンケアの後にもスッと馴染む処方になっています。

さらに、無色透明にすることでBBクリームやファンデーションの色との組み合わせを考える煩わしさから解放。どんな色・形状のベースメイクアイテムとあわせても自然なツヤが生まれる「多機能下地」に仕上げました。

心地良さを追求し、“塗っている方が調子が良い”仕上がりへ

長引くマスク生活のみならず、外気に含まれる微量な浮遊物質は、実は知らず知らずのうちに大人の肌にダメージを与えています。

美容成分たっぷりのIMAI モイスチャーベースは肌の潤いを保ち、大気中の浮遊物質から肌を守る役割も担ってくれる為、これまでベースメイクを省略していた方からも、むしろ“塗っている方が肌の調子が良い”とのコメントを多数いただいております。

なるべく毎日お使いいただく為、簡単に出来る使い方のヒントをご紹介します。

【使い方のヒント①】乳液・クリーム代わりに

朝は忙しくて、ゆっくりスキンケアなんて出来ない!といったお悩みは多くの方がお持ちだと思います。そこで、化粧水や美容液の後すぐ、乳液・クリームの代わりにIMAI モイスチャーベースをオン。

水分と油分をバランスよく配合している為、その後の水分の蒸発を防ぐことが出来ます。

【使い方のヒント②】最後に3秒プレス

パール粒大を手に取ったら、優しく顔全体に馴染ませます。

スッと肌に馴染む処方ですが、最後に3秒だけ、手のひら全体で顔を包み込んでみてください。

肌への浸透*率がぐんとアップし、その後時間を置かずにメイクアップへ進むことが出来ます。

*角質層まで

【使い方のヒント③】日中の乾燥に、“追いクリーム”

「お化粧直しはパウダーを重ねるだけ」という方が多くいらっしゃいます。パウダーには汗・皮脂を吸収する役割がありますが、実は乾燥崩れには逆効果。肌の水分量が低下し、ゴワゴワしたり浮いてしまい、きれいな仕上がりでは無くなってしまいます。

そんな時、ぜひIMAI モイスチャーベースを手の甲に取り、メイクの上から乾燥の気になるところへ薄く塗ってみてください。「パウダーを塗っているけれど、上から重ねても良いの?」とご質問をいただくことがありますが、乾燥による崩れにはまず肌の水分を補ってあげることが大切なのです。

適度なツヤが生まれ、そのままでもきれいな仕上がりになりますが、気になる場合はその上から薄くベースメイクアイテムやコンシーラーを重ねてもOK。保湿ときれいな仕上がりの両立が叶います。

配送についてはこちら>>
返品についてはこちら>>

■予約商品をご注文の方は必ずお読みください 
予約商品は、商品によって返品の可否が異なります。
商品ページに返品不可の旨が記載されている商品は返品をお受けいたしかねます。

以下の場合、商品がすべて揃ってから発送いたします。
・予約商品と一緒に予約商品以外の商品をご注文いただいた場合
※予約商品のお届けより前に、予約商品以外の商品のお届けをご希望の場合は、別途ご注文いただきますようお願いいたします。
・複数の予約商品を同時に購入された場合

生産の都合上、納期が変更になる場合がございます。

CUSTOMER REVIEW

Customer Reviews

Based on 1 review
0%
(0)
100%
(1)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
かおちゃん
その後のBBクリームやファンデが肌にピッタリつきます

オンラインセミナーで試して以来使っています。塗りやすくBBクリームやファンデのノリがとてもよくなるし、サラっとしているのにカバー力もあるような気がします。無香料で良いのですが、ちょっと脂っぽい匂いが気になることがあります。

STAFF SNAP