ウールリバーローブコート S-02-CT-002

¥31,900 (税込)
※今シーズンの再入荷は、ご注文キャンセルにより一時的に在庫が入荷した場合のみ行います。

あたたかく ゆったりと包み込まれる幸福感の洗練コート

オーストラリア羊毛にラムウールを30%ブレンドした、軽さと保温性、光沢感を持ち合わせたしなやかなウール素材を使用。上質な素材感と身体をゆったりと包み込むシルエットでクラス感のある装いに。
ウエストベルトは背裏に通すデザインで、ウエスト部分のもたつきを抑えながら、ベーシックなローブデザインにアクセントを生んでいます。
柔らかでしっかりとした厚みと軽さを両立したエレガントなローブコートは、中に着用するものを選ばず、さっと纏うだけで洗練の印象に。オンオフ問わず様々なシーンで活用頂けます。

カラーは グレー味のあるBEIGEとBLACKの2色に オリジナルカラーのBLUE、CAMELを加えた4色展開です。 

在庫切れの商品に関して

入荷連絡をご希望の場合は、ご希望のサイズ・カラーを選び、【入荷待ちメールを登録】ボタンからメールアドレスをご登録下さい。

入荷待ちメールとは?>>

【お客様都合による返品も可能(商品到着後8日以内。返品送料は元払い)です。どうぞお気軽にお試し下さい】

カラー:BEIGE・L .BLUE・CAMEL・BLACK

サイズ: S(S~M)・M(M~L) [S(S~M)]着丈: 108cm・身幅:61 cm・袖口幅: 28cm・裄丈:77cm・ベルト長さ:197cm

[M(M~L)]着丈: 118cm・身幅: 66cm・袖口幅: 30cm・裄丈:80cm・ベルト長さ:207cm

素材:毛  88%   ナイロン 12% 

お取り扱い:ドライクリーニング 取り扱いについては、商品についている品質表示でご確認ください。 

 made in China

上質感に包み込まれる幸せを感じる「ウールリバーローブコート」

コートは着こなしの印象を作るアイテムなだけに、これまで1年近く何度も「SOÉJUが作るならどんなコート?」と話し合いを重ねてきました。

トレンドに流されず長く着ていただきたい 1枚で上品でエレガントなスタイルを叶えたい きちんとしたシーンでも気軽なシーンでも着ていただきたい

そんな思いでつくった「ウールリバーコート」のこだわりをご紹介いたします。

トレンドに流されない普遍的なローブコート

コートと言っても、チェスターコートやダッフルコートなどいろいろな種類がありますが、SOÉJUではふんわりと包み込むガウンのようなローブコートを選びました。

ローブコートは、メゾンブランドなどでは定番のコートの1つ。トレンドに流される事のない普遍的なデザインです。 SOÉJUが作るからには、流行に左右される事なく長く愛用していただけるコートを作りたい。そんな思いで、「ウールリバーローブコート」を作りました。165cm Mサイズ着用

ボタンなど留め具は付いていませんが、開けて着た時に前が見え過ぎないよう、フロント部分まで生地を贅沢に使っています。前を閉めるとフロント部分の生地が重なるので、とても暖かく着ていただけるのもローブコートの良さです。

ふんわりと身体に馴染むように、袖はラグランスリーブにしています。程よいゆとりを持たせ、肩周りが窮屈に感じる事ないシルエットです。

身体をふんわり包み込むゆとりあるシルエットと、ローブコートならではの贅沢な生地分量が、1枚纏うだけでクラス感のある着こなしを叶えます。

素材とリバーシブル縫製で叶える、軽くしなやかな着心地

オーストラリア羊毛にラムウールを30%ブレンドした、軽さと保温性、光沢感を持ち合わせたしなやかなウール素材を使用しました。

工程の70%以上を手作業によって仕上げる縫製技術、リバーシブル縫製により、軽さと保温性を両立。裏地や芯地を使わず、表地1枚で仕上げます。縫い代を全て手まつりで仕上げていくため、とても軽い仕上がりが叶います。高度な技術を用いた職人だけができる貴重な技術です。

ロングコートは重たさが気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、1枚仕立てならではの軽さとしなやかさで、コートに動きが制限される感覚なく着ていただけます。

手作業で丁寧にまつられた縫い端。縫い代が一定の幅で浮き出ているのもリバーシブル縫製の特徴です。

またリバーシブル縫製により裏地をつけていない為、静電気が起きにくかったり、着た瞬間のヒヤッとした感覚が少ないのも特徴です。袖口を折り返しても裏地が見えないので、好みの袖丈に調節もしていただけます。

ジャケットの上に羽織っても。ベルトは中を通してすっきりと。

ローブコートの特徴の1つでもあるベルトは、コートの上から巻きつけるのではなく、内側を通しました。 こうすることで、ベルトを締めてもバックスタイルにシワを作らずに着ていただけます。

また、お客様からいただく事の多いご要望の1つが、「ジャケットの上に羽織れるコートが欲しい」というもの。冬は重ねる枚数が増えるシーズンですが、かといって着膨れは避けたい方が多いのではないでしょうか。

 ベルトを中に通しているので、ベルトを締めてもネックから裾にかけて生地がストンと落ち、すっきりとしたバックスタイルになります。ジャケットを中に着ても違和感のないアウターをお探しの方にもおすすめです。

ローブコートならではのボトムを選ばないスタイリングを

コートを着る際、ボトムスの丈で悩むというご相談もお受けしてきました。 コートは出かける前、最後に合わせる事が多いアイテムなだけに、いざ「なんだか違う」と感じてしまうと困ってしまうものです。

中に着る物を選ばないのがローブコートの良さ。生地をたっぷり使い長めの着丈でつくった「ウールリバーローブコート」なら、1枚羽織るだけでコートが主役になってくれるので、ボトムスも選ばずに合わせていただけます。

バランスの違う4種類のボトムスと合わせて、テイストの異なるスタイリングをしてみました。 ※ 以下全て身長165cm Mサイズ着用

ワイドパンツでコートとシルエットを繋げるIラインの着こなしに

ストンとしたシルエットのワイドパンツをあわせたスタイリングです。 コートの真っ直ぐ落ちるシルエットが足元までつながり縦長効果のIラインを作ります。ワイドパンツは、柔らかくとろみのある素材のものを合わせるのが特におすすめです。

またこのスタイルでは、インナーを上下のカラーを合わせてワントーンスタイルに。ロング丈の中にワントーンスタイルを合わせると、より縦長効果がプラスされます。

テーパードパンツとスニーカーで足元を軽くした大人のカジュアルスタイルに

ちょうどくるぶし丈のテーパードパンツをあわせて、足元を軽やかにまとめたラフさのある着こなしです。ローブコートというときれいめな印象が強いかもしれませんが、スニーカーを合わせたスタイルもおすすめです。きれいめ過ぎずカジュアル過ぎない、大人ならではのカジュアルスタイルが叶います。

膝下ミモレ丈スカートを合わせて、ONもOFFも気軽に着られるスタイルに

膝下のミモレ丈スカートを合わせたスタイルです。

ミモレ丈スカートを合わせると、コートの方が5cm程度長いバランスになりました。デイリーにも、気軽なお出かけのシーンにもマッチするスタイリングです。シンプルな色合わせのスタイリングですが、スカートのギャザーの立体感が着こなしに奥行きを作ります。

ロングスカートを合わせてエレガントスタイルに

ロング丈を重ねて生地の揺れ感を楽しむスタイリングです。 ロングスカートを合わせると、スカートがコートから覗くバランスになり上品でエレガントな印象に。ウエスト位置を少し高めに設定するとスタイルアップも叶います。足元でさらさらと揺らぐコートとスカート重なりが、華やかな印象を作ります。

ぜひ、冬のスタイルに取り入れてみてください。

配送についてはこちら>>
返品についてはこちら>>

-予約商品と一緒にご注文の方は必ずお読みください -
・〈予約販売〉と商品名に入ってるものが、予約商品となります。
・予約商品と一緒に通常商品をご注文いただいた場合、商品が全て揃ってからの発送になります。
・予約商品のお届けより前に、通常商品のお届けをご希望の場合は、別途ご注文いただきますようお願いいたします。 
・予約商品のご注文はキャンセル出来かねます。
・生産の都合上、入荷時期は変更になる場合がございます。