フェミニンもカジュアルも叶える大人のピンク。スタイリストおすすめ甘さ控えめスタイリング

春の温もりを感じさせるピンクスタイル。しかし「フェミニンになりすぎるのでは」「甘くなりすぎる気がして…」とピンクを敬遠する方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、フェミニンだけでなく大人のカジュアルスタイルも叶える、甘さ控えめのスタイルをご紹介します。

ピンク+ベーシックカラーを合わせて、シックでクリーンなスタイルに

左)

タックワイドパンツ
S-Double Cloth Series
タックワイドパンツ
¥17,600(税込)

右)
モデル:170cm サイズ:M
S-Double Cloth Series
ショートスリーブコクーンブラウス
¥11,000(税込)
タックワイドパンツ
S-Double Cloth Series
タックワイドパンツ
¥17,600(税込)

画像左は、ホワイト×ネイビーのベーシックカラーをピンクのカーディガンで優しい印象にしたスタイル。ネイビーの濃度に合わせて、こくのあるピンクを合わせることでシックに仕上がります。

画像右は、ベージュがかったピンク色のコクーンブラウス、ワイドパンツをセットアップとして着用。上からライトグレーのロングカーディガンを合わせました。普段使いはもちろん、アクセサリーをプラスすればちょっとしたお出かけにもおすすめです。

ピンクをベーシックカラーと合わせる際は、お洋服の濃淡を合わせることでスタイリングに馴染みやすく「甘さ」ではなく「優しい」印象のスタイリングにまとまります。

モーヴピンクのニットジャケットで作る、甘さ控えめ大人フェミニンパンツスタイル

左)

タックパンツ
S-Double Cloth Series
タックパンツ
¥16,500(税込)

グレーみがかったモーヴピンクは、ベーシックカラー以外の色との相性も良く普段のワードローブにも取り入れやすいカラーです。一見難しそうなカーキや、ライトブルーのトップスと組み合わせても優しくまろやかな印象にまとまります。ボトムスにベーシックカラーを合わせて、ジャケット・トップスが主役になるスタイリングに。

また、カーキのトップスやブラックのローファーといった「かっこよさ」のあるカラーやアイテムと組み合わせることでぐっと落ち着きのある大人のピンクスタイルに。

普段はネイビーやブラックのジャケットを合わせるようなスタイリングも、時にはピンクのジャケットで抜け感を作った新鮮なスタイリングも良いですね

コントラストをつけて甘さを抑えた、きれいめカジュアルなピンクスタイル

左)


右)
モデル:172cm サイズ:M
S-Double Cloth Series
肩タックブラウス
¥13,200(税込)

画像左は、淡いピンクのプリーツスカートのトップスに濃いグリーンを合わせ、甘さを抑えたカジュアルなスカートスタイル。

足元にはブラックのローファー、肩がけでネイビーのカーディガンを。ダークカラーを差し色として使うことで、程よく引き締まります。

画像右では、淡いピンクに赤みのあるブラウンを合わせました。どことなくクラシカルな印象を感じさせるスタイルです。

単体では甘さを感じるアイテムも、コントラストを効果的に使うことで、優しく落ち着いた印象のスタイルに一役買います。

*****

まとうだけで春を感じさせてくれる優しげで上品なピンクは、シーズムンムードを高めてくれるカラーです。

新しい出会いが増える春、初めてお会いする方に好印象を残す優しげなピンクを取り入れてみてはいかがでしょうか。

※ スタイリング使用アイテムは現在販売終了している可能性がございます

記事一覧はこちら