軽さが魅力の上品アウター。秋から春先まで活躍するパッファーコート

徐々に気温が下がり始め、夜になると肌寒く、長袖トップスや羽織りものをクローゼットから慌てて取り出した方もいらっしゃるのではないでしょうか。つい最近まで夏のような陽気だったのに、季節の移り変わりは早いものです。

今回は、今年初登場したパッファーコートをご紹介。「とにかく軽くてシンプルなコートが欲しい」「ダウンや厚手のコートは不要かも」という方にぜひおすすめしたい、軽さと長いシーズン着用いただける毛足のない表面感が特徴のアイテムです。

重くなりがちな冬の装いを軽やかに

乗り物での通勤時やオフィスの中は冬も暖かく、実はたっぷりしたアウターダウンを着込むほど寒い環境に身を置く時間はそれほど長くないもの。しっかりと長さがあり、襟元を暖かくできるパッファーコートであれば、中に着る物次第で冬も十分通用します。

軽さが一番の魅力のパッファーコートですが、カジュアルになりがちなことと、シックに見えるキルティングなしのデザインは膨らんで見えてしまうことが課題でした。

そこでソージュではマットな表面感でスポーティーさをおさえた生地を採用し、肩周りはセットインのデザインでスッキリ見えるように仕上げました。

面積の大きな表地は、程よくマットな表面感にこだわって

暖かさとすっきり見えを両立させるために、縦に長いシルエットを採用しましたが、面積が大きくなるので特に表地の印象が大切でした。そこでセレクトしたのが程よくマットで柔らかさも出せる生地。

起毛感がありすぎるとほっこりとした印象になってしまうので、シックさもあるものをより抜きました。張り感が出過ぎないので程よく身体に馴染み、付属のマフラーも肌あたりが柔らかく、着用感にも優れています。

また、裾にステッチを入れずに仕上げるなど、縫製仕様にも一手間加えることで、スポーティーになりすぎずエレガントに見えるようディテールにもこだわりました。

スッキリ見せる要素も抜かりなく

全体の印象を決めるアウターは、機能面だけではなくもちろん印象にもこだわりたいもの。そこで、付属のマフラーで迷いなく暖かさをプラスできるだけではなく、ポイントを襟元に持ってくることで目線を上げてスタイルアップする効果を目指しました。

また、ボリュームのあるアイテムだからこそ肩周りはドロップショルダーではなくセットインを採用し、スッキリ見せるポイントも作りました。ウエストベルトでキュッとウエストマークしていただくと、よりメリハリのあるシャープな印象に。

中に合わせるものを選ばないデザイン

取り外し可能なマフラーをキュッと襟元で結んでいただくと、中に着ているものが完全に隠れるため、組み合わせに悩むことがありません。ボトムスも、たっぷり長さのあるコートのためパンツでもスカートでも、ワンピースでも、どんなものでも合わせていただけます。

マフラーを外してもシンプルなノーカラーのクルーネックデザインですので、タートルネックやボウタイなど襟元にデザインのあるアイテムでも、襟元のあいたアイテムでも違和感なく合わせていただけます。

タックワイドパンツ
SOÉJU
タックワイドパンツ
¥17,600(税込)

定番のブラックに加えて、春先まで着られる明るいカラーも展開

毎日のように手に取っていただきたいから、パッファーやダウンコートでは定番のブラックをまず選びました。

ブラックでも素材感的に重たくなりすぎず、ややグレーがかって見える取り入れやすい優しいお色目です。加えて、春先まで着用いただけるよう明るいベージュやピンクも展開。薄手のトップスにサラッと羽織っていただくと、長い季節活躍します。付属のマフラーをティペットとして合わせたり、キュッとひと結びして合わせていただいたり。マフラーはお手持ちのものを合わせて印象を変えていただいてもいいですね。

あなたらしく、心地よい、秋から春までのエフォートレスでシックな装いを叶える一枚になれば幸いです。

パッファーコート 商品ページはこちら >>

※スタイリング使用アイテムは現在販売終了している可能性がございます。

記事一覧はこちら