暑い秋にちょうどいい。長く着られて便利なシーズンレスアイテム

「10月から冬にかけても暖冬傾向」と気象庁からの発表があり、季節がスイッチする日がなかなか訪れなさそうな今年の秋。

気候が安定しない中でもうまく秋気分を取り入れるには、風通しの良いブラウス、軽い羽織りものや薄手のニットなど、シーズン問わず着られるアイテムがおすすめです。

今回は、秋の始まりに便利なソージュアイテムをピックアップしてみました。

袖付きブラウスはネックデザインで抜け感を

季節感を演出するのに簡単なのが肌の露出を抑えること。夏にショートスリーブコクーンブラウスが活躍したという方におすすめなのが「コクーンブラウス8分袖」。広めの首元や華奢な手首が見える袖丈によって、袖が長くなっても暑苦しさを感じさせない抜け感があります。

モデル:171cm サイズ:M
S-Double Cloth Series
コクーンブラウス8分袖
¥13,200(税込)

さらっとした素材感に付かず離れずなシルエットなので、少々汗ばむ時期でも体にピタッと張り付く不快感なく着ていただける一枚。

何より裾にかけてすぼまっていくコクーシルエットが体のラインを美しく、さらに腰部分でふわっと留まってくれるため、ブラウジングされたようなシルエットが着るだけ完成するところも嬉しいポイントです。

モデル:170cm サイズ:M
Wool Like Series
ウールライクコクーンブラウス8分袖
¥13,200(税込)

同じシルエットで別の生地シリーズでも展開している「ウールライクコクーンブラウス8分袖」なら、程よくマニッシュな雰囲気で着ていただけます。

抜け感があるブラウスといえば、「シルクストレッチVネックブラウス」もおすすめです。夏は涼しく、冬は暖かい、エアコン素材とも言われる季節の変わり目に便利なシルク素材なうえ、Vネックデザインがすっきりした印象を引き立てます。

ふわっと裾にかけて広がるシルエットは、程よくリラクシーな雰囲気を醸し出すだけでなく、風通しが良い機能的な面も備えているので、たくし上げれば汗ばむ季節も快適に。肌寒くなったらカーディガンやジャケットのインナー使いに。着回しやすさも魅力の一つです。

カーディガンの代わりにシャツを羽織って

夏を代表するアイテムとはいえ、まだまだTシャツを着用されている方も多いはず。そんなTシャツの上にさらっと羽織りをプラスするだけでも、季節が進んだ着こなしを作ることができます。

カーディガンを羽織った上品なスタイルも素敵ですが、少し気分を変えるなら「スタンドカラータックブラウス」がおすすめです。

モデル:170cm サイズ:M
S-Double Cloth Series
スタンドカラータックブラウス
¥16,500(税込)
モデル:170cm サイズ:M
5分袖ニットソー
¥9,900(税込)

首元に入ったタックから流れるドレープによってエレガントにも決まる「スタンドカラータックブラウス」は、同じエスダブルクロスシリーズのボトムスとセットアップが可能。学校行事やお仕事など、きちんと感が必要なシーンにも活用いただけます。

モデル:170cm サイズ:M
S-Double Cloth Series
スタンドカラータックブラウス
¥16,500(税込)
センタープレスパンツ
S-Double Cloth Series
センタープレスパンツ
¥16,500(税込)

さらにこのブラウスがおすすめなのは、秋冬は「カシミヤ混タートルネックカットソー」を下に重ねられること。カラーを馴染ませた着方はもちろん、今年の新色YELLOWやD.GREENのようなアクセントカラーを差していただいて。

よりカジュアルでマニッシュな雰囲気を求める方は、同じような着方ができる「ソフトオックスシャツ」もおすすめです。

モデル:170cm サイズ:M
Soft Ox Series
ソフトオックスシャツ
¥16,500(税込)

ニットはシーズンレスな素材感を優先

ブラウスやシャツ以外に便利なのが、フラットな表面感でシーズンレスに取り入れやすい「クルーネックニットプルオーバー」。ボトルネックとボートネックの中間のような上品なネックデザインに、ニットアイテムによく見られるリブをなくすことでブラウス感覚で着ていただける一枚です。

さらっとドライタッチの軽やかさで、10月以降にちょうどいい着用感。冬は機能性インナーを重ねて暖かく、毛足の長いアイテムの出番がなくなった春先にも活躍します。

デニムのようなカジュアルアイテムとも気兼ねなく合わせやすいラフさがありながら、ジャケットインもできる綺麗め要素も両立したアイテムで、隠れた人気を誇るプルオーバーです。

今すぐ取り入れるなら、手首が見える7分袖の「フレアスリーブニットプルオーバー」だとより軽やかな印象に。ついワンツーコーデばかりが続くこの時期に、簡単に華やかさをプラスいただけます。

季節が進んだら足元にブーツを合わせて秋めいて。オールネイビーのように色数を抑えると、手元のシルエットがより引き立ちます。

***

いかがでしたか?

今回ご紹介したアイテムは重ね着次第で冬も活躍します。ぜひクローゼット整理や今後のお買い物計画に。ご参考になれば嬉しいです。

※スタイリング使用アイテムは現在販売終了している可能性がございます。

記事一覧はこちら